講師プロフィール

夏目恭宏 Yasuhiro Natsume

愛知県豊橋市出身。

ピアニスト、編曲者、指導者。 

明治大学文学部西洋史学専攻卒業。

ポーランド国立ワルシャワ音楽大学ピアノ専攻学士課程、修士課程修了。

在学中よりコンサート活動を開始し、日本、ポーランドを拠点に国際的な演奏活動を展開。

2005年から毎年、夏の国際音楽祭「ショパンと過ごす夏」(Busko-Zdroj , ポーランド)

にてソロリサイタルを務めている他、ワルシャワフィルハーモニーはじめポーランド各地での多くリサイタルを担当。ワルシャワ音楽大学ショパン生誕200年記念コンサート、日本・ポーランド国交回復記念コンサートにて演奏。2008年から2010年まで、神戸にて福島寿史氏監修ショパン没後シリーズで音楽担当。2009年より毎年、東京やなか音楽ホールにて「夏目恭宏ピアノリサイタル」シリーズを開催。2014年からSGDCショパンプロジェクト~レクチャーコンサート「みんなが知ってる!?ショパン」を開始。室内楽奏者、伴奏者としての活動も多岐にわたる。指導者としてピアノ演奏に関する公開講座、レッスンでの後進の指導にあたる。猪狩良雄、B.ヘッセ=ブコフスカ、J.ステルチンスキの各氏に師事。室内楽をM.ピオトロフスキ氏に師事。


・趣味…熱帯魚水槽、メダカ飼育


■演奏動画

フォーレ(夏目恭宏編曲):パヴァーヌ op.50  -ピアノ4手連弾版

ドヴォルザーク:「チェコ組曲」~ ポルカ

ブゼジンスキ:主題と変奏 作品3

プーランク:即興曲「シューベルトを讃えて」

ガーシュウィン(夏目恭宏編曲):ラプソディー・イン・ブルー   - ピアノ4手連弾版

ドヴォルザーク:ユーモレスク 作品108-7

■オフィシャル・ホームページ

■ブログ