ショパン「マズルカ op.6-3」


さて3番目のマズルカは、前の2つと打って変わってとても溌剌とした音楽です。

♫作品6-3 ホ長調

勢いよく床を踏み鳴らし、空中に飛び上がり、とても楽しそうに踊る人々の姿が目に浮かぶようです。音楽も次から次へと目まぐるしく変化します。

最後は、お皿割ってごめんなさい、といったところでしょうか。

民族色豊かなマズルカでした。

次は第4番、作品6-4です。