23日 5月 2021
さいたま市での発表会まで1か月とせまってまいりました。ご出演者予定の皆さま、準備はいかがですか? 不安な箇所がまだ沢山あるかもしれませんが、どんな時も焦らず落ち着いて練習しましょう。 何をしたらよいか? そうです、ゆっくり弾きましょう。 速く弾くのは誰でもできますからね。 ゆっくり弾けるようにしましょう。...

18日 5月 2021
ショパンの音楽には雨が合いますね。 ふとレッスン中に生徒さんのおっしゃったひとことが頭に残っております。 特にこの部分が… というその曲は名作ノクターン作品9-2 古今老若男女問わず、人気のピアノ曲というのは沢山ございますけれども、これもなかなかの人気ぶりです。 雨だからって、雨だれプレリュードではないのですね。...

02日 5月 2021
今日が練馬での最後のレッスンでございました。 ほぼ10年にわたりお世話になった練馬区を離れるのは名残惜しいものです。 5月からの新天地は、西早稲田、うん近い!笑 ロッケルズピアノスタジオさんにご協力いただき、素晴らしい環境でレッスンを行うことができます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

08日 4月 2021
新学期がはじまりました。 皆様今年度も楽しくまいりましょう。...

03日 4月 2021
音符の上や下に付いているちいさな数字、 この指番号はピアノを上手く弾くための大切な道しるべになる。 指使いを守ってくれない子には、 「見て、この曲ならね、指が2本あれば、まあ弾けるよ。」 と言って2本指で弾いてみせます。 そうすると興味深くのぞいてくれるんです。 びっくりしながら笑っているところに、...

30日 3月 2021
春はショパンの作品番号の若いものがいい。 とても洗練されていながら、あまり深刻にならないのがいい。 「お手をどうぞ変奏曲 作品2」や「マズルカ風ロンド 作品5」、他にも遺作のピアニスティックなポロネーズの数々。 それらをあまり深刻にならずに弾くのがいい。 でも難し過ぎて上手く指が回らないのはこれらの曲にとって深刻な問題よね。...

24日 3月 2021
いよいよ春ですね。 桜も満開、公園ではリードを解かれた可愛らしい子犬が走り回っています。 子犬のワルツを弾きたい! と楽譜をはじめて見た子が変ニ長調フラット5つに驚き尻込みする様子、これもとても可愛い。 ハ長調の音階は分かりやすいけれど、実は弾きにくい。長さの異なる5本の指を白い鍵盤のみに当てはめていくのだから。...

23日 3月 2021
いまの自分には難しいと思う曲も、丁寧な練習を心掛けていますと、ある時突然弾ける日がやってくるのです。本当に突然きます。 反面、雑な練習ばかりだと、いつまでも弾けず諦める日がくる。 練習は少しづつゆっくり丁寧なのが美しい。 テンポを上げたいのならば、自分では気づかないくらい少しずつ、常に確実に弾ける状態を保ちつつ、上げていく。...

20日 3月 2021
低い音、ピアノの場合、大抵は左手で弾くことになる低いバスの音、これは音楽の土台となる大切な大切な音。この土台の上に柱が立ち、壁ができ、屋根ができ… 家と同じく、安定した土台あってこそのメロディーでありハーモニーですから、左手を丁寧によく練習しておくと、最終的に出来上がる音楽はより一層上質なものとなるでしょう。...

19日 3月 2021
もう桜が咲いています。 先日、大宮にあるメダカ屋さんで「夜桜」という名前のメダカを購入いたしました。別に夜桜メダカは時期を問わず年中夜桜メダカなのですけどね。ともあれ素敵な名前、その名に恥じぬとても美しいメダカです。...

さらに表示する